SLAP SPEED Blog

身近に感じて貰えたら・・・。

【LET IT ROCK】が記念すべき10周年を迎える。
『ビッと』気合入れて挑みたいと思います。  が、

【LET IT ROCK】10th Anniversary SP.

【LET IT ROCK】10th Anniversary SP.


そもそも、
この【LET IT ROCK】を開催し続けている理由とは何ゾヤと。。
今回はその辺のお話。
(『開催』って言葉はなんか大袈裟なんだけど、他にぴったり来る言葉が思い付かなかった・・・。)

以前からちょくちょく書いてきてるのだけど、
一言で纏めれば

R&R、ROCKABILLYというジャンルを身近に感じてもらいたい。。。

になるのだけど、
その経緯のお話。

どうしてもこのジャンルのイベントは
『好きな人達だけが集まる』な形に
思われてしまっているし、
実際にそうなっている。。。

【LET IT ROCK】をはじめる以前から、

ロカビリー系イベントに一緒に遊びに行こうと
友人や知り合いに声を掛けても
『その辺のジャンル全然詳しくないから、、そんな人が行っても大丈夫なの?』
『そういう踊り、踊れないのだけど、イベントの最中どうしてばいいの?』
『どんな格好していけばウカナイの?』
と、なかなか二の足を踏むみたい。

まぁ、そりゃそうだろな。。
ワタシ自身はそういう事を全然気にしない性質だから気にならないけども、
やっぱ普通気になるのだろう。

ロカビリー、ロックンロール。
Rockabilly、Rock and Roll。
今流行しているジャンルでもなければ
どの世代にも当たり前に理解されているようなジャンルでもない。

だからなかなか新しい顔ぶれが増えないし、
『拡がり』が出来てこない。
『拡がり』がなければ『生まれ』てもこない。 と思うんです。やっぱり。。

20年以上このジャンル、世界観をベースに生きてきた者としては
それはちょっと寂しい話な訳で・・・。

そこで、【SLAP SPEED】のショップをオープンさせることと並行して
構想を練ってた。

まず、
元々ニーズの少ないジャンルのイベントに
ニーズの高くないお客さんの層を呼び込まなければならないのだから
いつそのイベントがあるのか分かり難きゃダメだろう。。。ということで
『毎月第一土曜日』の『固定開催』式にした。

「あ、今日は第一土曜日だから、【LET IT ROCK】やる日だヮ!」
と思ってもらうことが狙いだ!(笑)
これで少しだけ『いつやってるイベントなのか』は分かり易くなったと思う。(ちょっとだけな・・・。)

June.07.2014【LET IT ROCK】

June.07.2014【LET IT ROCK】


でも、
これ、
結構デメリットも大きくて、
言い換えれば
『いつでも(第一土曜なら)やってるイベント』って事でもあるんで、
集客のモチベーションを上げるのが非常に難しい・・・。
『いつでもやってるんだから、別に今回行かなくってもイイや』風に思われちゃったりね。。。

↑ もうこれ、『ジレンマ』ですよ。。。ほんとに・・・。苦笑

それでもそこを踏まえて、敢えて『毎月第一土曜日』固定開催を貫いてやっていくのだけど、
当初から今みたいなスタイルではなかったのだけど、
続けていく中でよりお客さんが来場するにあたって
『ハードルの低い』形をテーマにいろいろと変革があった。

一番大きかったのは
入場料を無料にすること。

1番、目に見えて分かりやすく『ハードル低い』よね。笑
これのデメリットは、
主催である【SLAP SPEED】が、入場料収入が0になる事。
掛かるコストは全て『持ち出し』。。。涙
それでもいいんです。。。お客様が来やすくなってくれるのなら・・・。泣笑

“Drop Bill Style”と銘打った『チップ形式』のLiveにも実は意味、理由がある。

【THE PEPPER HOT BOYS】Hueda

【THE PEPPER HOT BOYS】Hueda


普通、こういうイベントに出演してもらう為に
演者さんにオファーするときは
『ギャラ』(ギャランティー)の話を当然するのだけど、
基本この手のBand業界、この『ギャラ』が決して高くない。
『高くない』なんて書くと個人的な意見や感覚の差があるだろうから
ちょっとそこは置いといて欲しいのだが、
だいたい『メンバーの交通費になるかどうか』くらいだと思う。

それを入場料×その日の集客数-経費(ハコ代※とかなんとか)から払うのだが、
大概たいした額にならない。。。

あと、そのBandさんが、ベテランさんだったりするとお値段もモチロン違ってくるのだけど、(笑)
案外『じつはお客さんにウケてない』ことが稀にある。。。(!?)

ギャラが低い若手のBandさんが頑張ってお客さんも大喜びだったところを、
『じつはウケてない』ベテランBandさんがたくさんギャラを頂いて行ってしまったり。。。ということも
マレにある。
まぁ、そもそもブッキング側のミスだと思うけど、
ちょっと残念じゃないですか。

 【GRAIS】Mar.01.2014 "LET IT ROCK~WILD BILLYS REVELRY"


【GRAIS】Mar.01.2014 “LET IT ROCK~WILD BILLYS REVELRY”


でも大丈夫!
“Drop Bill Style”ならそういう事は起きないのです!! (キッパリ!)
自分達の演奏、パフォーマンスが盛り上がったら(ウケたら)
それに比例してギャラが増えます。(今まで毎月みてきてコレは確信!!)

そういうほうが、『プロっぽく』ないですか?笑

演るほうも、観るほうも、

立場は違っても、そのほうが
お互いに、ある意味イーブン(対等)だと思うのです。

【Lilies】Junko.

【Lilies】Junko.



これから『11年目』の【LET IT ROCK】も色々とあると思う。
まだ挑戦してみたいことや試してみたい事も沢山あるので
出来る事から少しずつにはなるだろうがやっていくつもり。

『毎月第一土曜日』
『入場無料』
『Drop Bill Style』
のロカビリーイベント。

今後ともどうぞヨロシクです。。


※ハコ代=ライブハウスやイベントの会場に払う代金のこと。


SS JIN