5年の眠りから目を覚ませ!其の2

前回、旧ブログ内でご紹介した現在進行中の車両関連計画のひとつの『つづき』。

前回までのアラスジ。。
5年前にエンジンが掛からなくなって以降、修理着工の目処が立っていなかったSRが、新たなオーナーを獲得して再び走れるように復活して行く様をリアルタイムドキュメンタリーで綴ります。。。笑
※作業は全て【MC FUNNY】さんによるものです。
エンジン不発の原因を探ってたところ、キックアーム下ろしても全くではないが圧縮が掛かって無いことがすぐに分かったので、腰上バラシ決定、エンジンをフレームから降ろして腰上ご開帳の結果、ピストンリングが錆付いていた。
腰上を開けたついでに、気になるところ全てを新しくしたい気持ちに駆られるけども、予算が幾らあっても足らなくなるので使えそうな物はなるべく使いながら進行。
バルブガイドにガタが出ていてバルブからも相当圧縮が抜けていた様子でした。

ヘッド周りをリフレッシュする間に、SRの泣き所の一つ、スイングアーム・ピボット抜いてグリスアップ(抜けて良かった。。。)リアのホイール周り全て、ブレーキペダルシャフトもリファイン。ステムっもオーバーホール、アンダーブラケットに折れ残っていたボルトも抜いてフロントフォークのオーバーホールも待っています。

なるべくセーブしながら進めていく予定だったのが、結果的には殆ど全部に手を掛ける事になったけど、そこは、安心して乗れるしっかりした車両に仕上げる為。。
オーナーはこのSRの『ヤレタ感じ』が気に入っているみたいだから、外装の磨き出し等はやらないと思うのでパッと見た目には『ヤレタSR』になるんだろうと思うけど、肝心の車体構成部分は殆ど全てに手が入ってるので、かなり『素性の良い』SRになると思います。
ココからは写真メインでスパスパっとご覧になってください。

SR PISTONPIN
YAMAHA SR PISTON PIN

ピストンピンに塗られているのは組み付け初期の噛り付きや焼き付を防止するモノ。。。ヌカリナシです。。

SR Cam Shaft
YAMAHA SR Cam Shaft and Valve  Head
SR Engine Overhaul Clutch,
クラッチもバラします
SR Clutch Plate
クラッチプレート

 

SR Clutch Release
SR クラッチレリーズ、プッシュロッドの当たる箇所が丸く窪んでいる

 

SR Engine Washing
エンジン腹下、凄い汚れだったのも洗浄。。。本当に凄かった。。。

 

SR Engine Washing.

SR Engine Overhaul Finish.
オーバーホール完了!
圧縮が戻っているかドキドキします!

 

SR Engine Mount to Frame.
フレームに搭載。

 

SR Engine Mount to Frame.
マウントボルトをもキレイにしつつフレームに締め込んでいく柳下氏

 

 

SR Engine On Frame Finish
無事搭載完了。。。早業でした。。。

無事フレームに搭載完了。
この次はフロントフォークのOHに移行していきます。
今回この『出戻り娘』のオペには割りと立ち合えているので復活のトキが待ち遠しいです。。
このオペと平行して【SSSC】のプロジェクトとしてワタクシの3号機の作業もしてもらってるので、本当に毎日のように【MC FUNNY】さんにお邪魔してます。スミマセン。
車検とって再び走れる日が徐々に見えて来そうです。

SS店長